超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

うさぎの誕生日を皆でお祝い! アニメ第4期は劇場版アニメで前後編で公開決定! 劇場版『美少女戦士セーラームーンR』応援上映&スペシャルゲストトークイベントレポート

2017/6/30


img_0305

 6月30日(金)に劇場版『美少女戦士セーラームーンR』応援上映&スペシャルゲストトークイベントが東京・丸の内TOEIで行われ、本作キャストの三石琴乃(セーラームーン/月野うさぎ)、伊藤静(セーラーヴィーナス/愛野美奈子)、小清水亜美(セーラジュピター/木野まこと)、野本ほたる(ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-にセーラームーン/月野うさぎ)が登壇した。超!アニメディアでは本イベントの様子をレポートする。

img_0227

 本イベントは、誕生から25周年を迎えた「美少女戦士セーラームーン」の主人公・月野うさぎの誕生日である6月30日をお祝いする“25 th Anniversary うさぎ BIRTHDAY イベント”。セーラームーンのコスプレに身を包んだ司会者の呼びかけで、セーラームーンの「月にかわって、おしおきよ!」などそれぞれのセーラー戦士の決め台詞を発して、三石、伊藤、小清水が登場。拍手とともに、各戦士たちのテーマカラーに合わせてペンライトの色を変えて迎える客席にキャストたちも嬉しそうに見つめる姿が。

 この日残念ながら会場に来れなかった佐藤利奈(セーラーマーズ/火野レイ)、金元寿子(セーラーマーキュリー/水野亜美)もビデオメッセージで、うさぎの誕生日、作品25周年をお祝いの言葉を述べた。

%e9%87%8e%e6%9c%ac%e6%a7%98%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%ad%e9%81%8b%e3%81%b3

 その後、誕生日ケーキを持ってミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-にセーラームーン/月野うさぎ役を務める野本がバースデーケーキを持って登場。セーラー戦士たちのカラーに彩られたクッキーとうさぎのイラストがデコレーションされたかわいいケーキにキャストたちも客席も「かわいいー♡」とうっとり。全員でバースデーソングを合唱しながら、うさぎの誕生日をお祝いした。そして、ペンライトをロウソクに見立て、三石らキャストが「ふぅーっ」と息を吹きかける動作をすると、ピンク色に染まった客席のペンライトが一気に消えた。

 イベントの途中には、野本が出演するミュージカルの最新映像が流れ、初お披露目となる映像に客席からは歓声があがっていた。うさぎを演じるに向けての心構えを聞かれた野本は「アニメをとにかくたくさん見ています。あとは、体力勝負なので、走ったりとかお稽古中は常にバランスボールがあるので体幹トレーニングをしています。今回の舞台は最終章なので、見どころはセーラー戦士同士の戦い。本当は『漫画のあのシーンあるよ』とか言いたいんですけど…(笑)楽しみにしていてください!」と語った。

img_0327

 トークコーナーでは、グループメールで普段からやりとりするほど仲のいいキャストたちが和気あいあいとした女子トークが展開。三石は、Q-potCAFE.の内覧会に行った話やそこで購入したQ-pot.の新作アクセサリーを披露。小清水もこれまで発売されたセーラームーングッズで全身コーディネイトし、伊藤もガチャガチャで販売されていた本作のカメオをアレンジした小清水お手製のブローチを身に着けていることを明かすと、客席からは「かわいいー♡」という声が漏れた。

 そして、重大発表ということで、講談社の原作担当編集の小佐野文雄氏から一通の手紙が届けられ、「美少女戦士セーラームーンCrystal」第4期<デッド・ムーン編>に関する新情報が発表になった。第3期に引き続き、今千秋が監督を務め、劇場版アニメで前後編として公開を予定していることが明らかになり、会場からは拍手とどよめきが起きた。

 この発表を受けて、三石は「今ぞわぞわーっと興奮してきてます!早く大きな画面のうさぎちゃんや戦士たちに会いたいです!」小清水は「新しい技がきますね!一番好きな技なので楽しみです!」、伊藤は「いろんなことにびっくりしすぎて踊りたいです!」と話し、その場で踊り出すほど、喜びを表現した。公開時期などその他の情報は追って公式サイトなどで発表されていくとのことなので、楽しみに待とう。img_0228

 さらに、サプライズとして原作者の武内直子氏よりセーラームーン25周年に関してのコメントが届けられ、三石が読み上げた。「作品開始から25周年です。今、目の前に、1992年7月6日発行のコミックス1巻があります。開くと、キャラクター達が楽しそうに元気一杯に、ポンポン動いて喋って、描き文字や花や効果が飛び散って飛び散って。26歳の作者は、本当に楽しそうに描いてます(時々死にそうに暗くなっていましたが)。あの時、本当に多くの方に作品作りを手伝って戴き、漫画を読んで戴き、アニメやミュージカル、ドラマを観て戴き、グッズを買って戴いて、その全ての皆様の力のお陰で作品は完成したのだと強く感じています。皆様の愛のパワーが、作品を力強く素敵に作り上げてくれました。そして、25年経た今も、好き♡と言って戴けて、もう最上級の感謝の言葉しか見当たりません。本当に有難う!本当に世界一幸せな作品です。作者も世界一幸せ者です。今年も、沢山の企画やイベント、コラボ、グッズ発売があります。武内先生も超!楽しみです。皆様もゼヒ!楽しんで下さいね♡」とコメントした。

 今回、セーラームーン史上初となる応援上映でもあることから。劇場版「美少女戦士セーラームーンR」の上映の前には、キャストによる応援上映のレクチャーの時間が。「美少女戦士セーラームーンCrystal」のオープニング&エンディング映像で全員でリハーサル。キャストたちも実際に客席でペンライトを片手に盛り上がった。

 最後の挨拶では、三石は「応援上映、興奮しました!4期のアフレコが始まる日を心待ちにして日々楽しんでいきましょう!」、小清水は「上映イベントって最高ですね!いつもは1人で家で声出したりしているので皆さんと気持ちをひとつにして分かち合えるっていいな!って感じました!」、伊藤は「4期の劇場版も楽しみですねー!そこに向けて私たちもさらに結束を高めて素敵な作品にできるように頑張りますので、皆さんこれからも応援お願いします!」野本は「お稽古はこれからですが、10戦士の力を合わせて頑張ります!」と語った。最後は決めゼリフ「月にかわって、おしおきよ!」でコール&レスポンスを皆で行い、25周年記念のバースデーイベントは大盛況の中、幕を閉じた。

img_0275

img_0359

img_0424

公式サイト
http://sailormoon-official.com



声優になりたい!

PAGETOP