超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

石川界人、花澤香菜、櫻井孝宏、河西健吾が登壇! TVアニメ『サクラダリセット』先行上映会&トークショーレポート

2017/6/22


image

 TVアニメ『サクラダリセット』の12話、13話先行上映会&トークショーが6月20日(火)に東京・新宿バルト9で行われ、石川界人、花澤香菜、櫻井孝宏、河西健吾らキャストたちが登壇した。超!アニメディアでは本イベントの様子をレポートする。

 12話、13話の上映後、キャストたちによるトークショーが行われた。司会者からの呼びかけでキャストたちが登壇。石川が「楽しんでいただけましたでしょうか?」と客席に呼びかけると、大きな拍手が起こった。いよいよ2クール目へと突入し、新展開が繰り広げられる本作。アフレコは先日終わったばかりだそうで、石川は「(放送を)見ていると振り返っている感じがしましたね。『そうそう、ここが効いてくるんだよなー』とか」と懐かしそうに語った。

 これまで5回行われてきた本作の先行上映会に、今回初参加となる櫻井と河西。作品の魅力を聞かれた櫻井は、「最初すごく難しい作品だと思ったんですよね。ちょっと踏み込んで考えないと分からない。パズルのように組み合わさってできていて、それぞれの能力の細かい設定が『こんな風に組み合わさってこんな風になっていくんだ』と自分が賢くなった気分を味わえるというか。これを考えた作者さんはスゴいと思いました」と語った。さらに自らが演じるにあたって「いろいろ工夫が必要かなと思ったんですが、他のキャストの人たちの声を聞いていると、自分のピースがハマっていくような何とも言えない高揚感を味わえて、難しかったですけど、すごくいい作品に出させてもらえたなという気持ちでいっぱいです」と熱く続けた。河西は本作の印象について「セリフが一つ一つ詩的でキレイだなと感じました」とコメント。その中で自らが演じる役について、「チルチルは夢の中の世界で、神様みたいな位置づけ。ゆえに、すべてのことを知った上で喋らなければいけない。12話から参加だったのに、界人くんや花澤さんよりもこの世界には詳しいという設定で演技しなければいけない難しさはありましたが、やりがいの役をやらせていただけて嬉しいなと思いました」と話した。

 そんな2人が新たに加わってのアフレコ現場の様子について聞かれた花澤は「この作品はキャストが少ないんですよね。『やっとお客さんきたよー』って感じで(笑)、嬉しかったです」と話し、「一人一人のセリフが長いので、いろんな人のターンが聞けてとっても楽しかったです」と続けると、櫻井も「それぞれのお芝居が気持ちをこらしていて、挑んでいる感じが現場で見ていても伝わってきて、『この人、こういうお芝居もするんだ』というのを見られて得した気分になりました」と語った。

 「今回先行上映された12、13話での印象的なシーンは?」という質問では、石川が「鳥が喋るシーンじゃないですかね。『鳥、いい声で喋るなー』って思いませんでした?」と客席に同意を求め、会場からは笑いが起こった。さらに「でもそれが夢の世界の象徴でもありますし、絶対にありえないようなことが起こって、異常であることが通常という世界観の提示でもあるので、印象に残ってほしいというシーンでもありますね」と話した。続く花澤はケイたちがトンネルをクグった時に春埼と野ノ尾さんの下着が見えて、ケイが何とも言えない表情を浮かべるシーンをセレクト。「『パンツ!』ってなって(笑)、『ケイってこういう表情をするんだ』ってすごくワクワクしちゃいました!』と興奮気味に(?)語った。櫻井は「浦地は今後どういう能力を持っていてっていうのがまだ分からない状態なんですが、これからこの人はいろんなことを巻き起こすエッセンスを持っている人なんだろうなっていうのが分かる、今後の展開を握っているところがあって『おいしいな』って思ってました(笑)」と語った。最初に台本をもらった際に、自分が演じるところに「青い鳥」と書かれていた河西は「え?鳥?」と一瞬戸惑ったというエピソードを披露。「テストの段階で『チュンチュンチュン』って言ってみようかなって思ったんですけど…(笑)」と続けると、「見たかったー」と石川や花澤ら他のキャストがもらし、笑いが起こった。

 作品の内容にかけて、「もし何でも願いが叶う夢の世界に行ったら何を叶えてもらう?」という質問では、「チルチルは鳥なので、この世からゆで卵というものを消してやりたいです(笑)」(河西)、「空飛んだりとか、子どもっぽいかもしれないですけど、メルヘンなことですかね。あとは悪いことしか思いつかないです(笑)」(櫻井)、「すごいダンスを踊れるようになりたい。動いているか動いてないのか肉眼では分からないような。忍者もいいですね。セクシー忍者とか?(笑)」(花澤)、「家が欲しい。夢であるならば固定資産税も払いたくないです。土地の権利と納税しなくていい権利が欲しいです(笑)」とかわいらしいものから現実的なものまで、さまざまな願いが挙がった。

 また、櫻井演じる浦地と行動を共にする索引さんが持つ能力が「相手の嘘を見抜く」ということで、あるお題に対して、キャストの中で一人だけ嘘をつき、それが誰かを当てるというコーナーも実施。「最近ハマっていること」というお題に対し、石川は「最近マニュアル車にも乗れるように免許の限定解除をしたんですけど、教習所に通うのが楽しすぎて、次は普通二輪の資格だとかいろいろ資格とか免許を取ってみようかなと思っています」とコメント。花澤は「いろんなラジオを聞いています。電車の中とかで聞いていると、笑い出しそうになると、声はガマンできるけど、体がガマンできないんです(笑)」、櫻井は「草履です。夏は半袖、短パンになって軽量化するんです。最近オシャレなサンダルとか雪駄とかがあって、すごい探してます」、河西「『リサとガスパール』というキャラクターにハマっていまして、富士急ハイランドの入り口の手間にある『リサとガスパールタウン』にこの前一人で行ってきました。ちょうどイースターの時期だったので、一人で卵を探して、缶バッジがもらってすごく楽しかったです(笑)」とそれぞれエピソードを披露した。

 嘘をついた人が手を挙げることになると、石川が挙手。「モータースポーツにハマってるのは本当ですが、眠い目をこすって朝早くから教習所に通うのは嫌です(笑)。大好きな車だから一番気持ちのいい時に乗りたいです!」と打ち明けた。その後、会場に聞いてみると、石川が嘘をついていると思っていた人が多数いたことが判明。思わず「何でですか?」と石川が客席に問う場面も。

 最後の挨拶では、「途中からの参加だったんですけど、すごく素敵な世界観と素敵なセリフだなと思って、この作品をやらせていただいたので、最後までどうぞよろしくお願いいたします」(河西)、「この作品の深さは最後まで見て分かることがたくさんあって、あえて途中分からない、ミステリータッチになっていたりもします。皆さんの心の中にグッと残る結末になっていると思うので、ぜひ最後まで見てください」(櫻井)、「つい先日放送になった11話の春埼の日常で、普段春埼が考えていること、短いケイとのやり取りも、彼女の中でいろんなことを考えて答えを出してやり取りしているんだなぁっていうのが分かったと思います。そんな春埼のいじらしさが今後切ない展開にもなっていたりもしますので、ぜひ応援していただけたらと思っています」(花澤)と話し、最後に石川が「ようやく2クール目、あっという間に2クール目、どっちともとれるんですけど、僕の印象としては、正直1クールまではプロローグ的なものがあったと思っておりまして、今までバラまかれていた伏線が、終盤になるにつれて回収されてきています。それがこの作品の見どころにもなっていると思いますので、最後まで一セリフも聞き逃すことなく、ついてきてくださると嬉しいなと思います」と話し、拍手の中イベントは幕を閉じた。

<TVアニメ『サクラダリセット』情報> 
TOKYO MX、関西テレビ、BS11、AT-X にて好評放送中 
dアニメストア、J:COMオンデマンド、U-NEXT、Netflix、ニコニコ生放送、AbemaTV ほか 各配信サイトにて見逃し配信中

◆新イントロダクション 
「あなたが、選んだ方が正解よ……」 2 年前に亡くなった相麻菫の再生。“マクガフィン”という石に導かれるように、様々な能力者が浅井ケイと春埼美 空と関係することになった。ケイはその様々な能力を重ね合わせ、ついに相麻菫を写真の中の世界から連れ出すこと に成功する。未来視の能力を持つ彼女が、その能力を狙う管理局に捉われないために、彼女を咲良田の街の外へ連れ 出す方法を画策する。 その確証を得るために、管理局の依頼を引き受け、願い事が何でも叶う「夢の世界」へ入ったケイと春埼は管理局室 長・浦地正宗と出会い、この咲良田の世界の根幹に関わる“あるモノ”を見出す――。 管理局の思惑、相麻菫の真の目的、夢の世界、咲良田の能力の秘密……すべての謎が明らかになる! その時、ケイと春埼、そして菫の関係は―?

◆STAFF 
 原作:河野 裕「サクラダリセット」シリーズ(角川文庫/角川スニーカー文庫)/原作イラスト:椎名 優 監督:川面真也/シリーズ構成:高山カツヒコ/キャラクターデザイン:下谷智之

◆CAST 
浅井ケイ:石川界人/春埼美空:花澤香菜/相麻菫:悠木碧 中野智樹:江口拓也/村瀬陽香:牧野由依/野ノ尾盛夏:三澤紗千香/非通知くん:西山宏太朗/岡絵里:相坂優歌/宇川沙々音: 小清水亜美/津島信太郎:上田燿司 ミチル:内田真礼/チルチル:河西健吾/浦地正宗:櫻井孝宏

◆新 OP:WEAVER「だから僕は僕を手放す」(A-Sketch)/新 ED:牧野由依「Colors of Happiness」(テイチクエンタテイン メント)

◆アニメーション制作:david production/製作:アニメ「サクラダリセット」製作委員会

TVアニメ『サクラダリセット』公式サイト 
http://sagrada-anime.com

(C)河野裕・椎名優 /KADOKAWA/アニメ「サクラダリセット」製作委員会



声優になりたい!

PAGETOP