超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【AJ2017】畠中祐、高田憂希、日高里菜、日岡なつみが全力で作品をアピール! 『武装少女マキャヴェリズム』スペシャルステージをレポート!!

2017/4/2


inside2017033104-01

 2017年3月25日、AnimeJapan 2017内オープンステージにて『武装少女マキャヴェリズム』スペシャルステージが開催された。レポートにてイベントの様子をお伝えする。

 4月からの放送を控え注目の集まるTVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』。この日のイベントには畠中祐さん(納村不道役)、高田憂希さん(鬼瓦輪役)、日高里菜さん(花酒蕨役)、日岡なつみさん(因幡月夜役)の4名が登壇。司会進行はKADOKAWA・石上プロデューサーが務めた。

 先日、発表されたPVからイベントがはじまると、石上プロデューサーの呼び込みでキャスト陣がステージへ。まず目に付くのは、高田さんが見につけていた鬼瓦愛用の鬼の仮面だ。AnimeJapan 2017当日は、KADOKAWAブースで同じデザインの鬼のお面も配布されており、本イベントに詰め掛けたファンの多くとおそろいになる形となった。だが、じつは高田さんのこの仮面、配布されているお面とは少し違い、高田さんの顔の型を取って作られた世界に一つだけの特別製なのだという。早くもキャラクターとキャストのシンクロが進んでいるようだ。

 冒頭のPV映像について聞かれると、キャストは口々にかっこいいと絶賛。キャラクターボイスが初公開になったのもこのPVからで、動いているキャラクターにそれぞれのキャストの声がついたことに対する感動や、伊藤美来さんによるOPのかっこよさなど、PVに詰め込まれた見所が語られた。

 続いて、それぞれが演じるキャラクターの紹介へ。畠中さんは納村を「バカ」と一言で説明し、納村は等身大な男子として描かれていると畠中さんが力説していると、セクシーなシーンのアフレコで畠中さんが興奮しすぎてしまい、ディレクションで「畠中さんが出すぎ」と注意されていたというエピソードを女性キャスト陣が引きあいに出し、会場は笑いに包まれた。

 高田さんが演じる鬼瓦は天下五剣の一人で強くてかっこいいキャラクターだが、納村との出会いで変化していくキャラクターなのだという。しかし、他のキャスト陣からはチョロいと連呼されると、高田さんも認めざるを得ない状況に。

 続いて日高さんの演じる蕨は、鬼瓦と同じく天下五剣の一人で幼い見た目に反して最年長キャラクターで、一人称の「わらわ」など古風なしゃべり方をするキャラクターだ。日高さんは、蕨が相棒として従えている熊のキョーボーを紹介。日高さんは「日岡さんといえば熊」と日岡さんの過去の出演作を持ち出して、会場を沸かせながらも、藤田咲さん演じるキョーボーは日岡さんが他作品で従えていた熊とはまた違った印象の熊となるので楽しみにしてほしいとファンに語った。

 そんな日岡さんが今作で演じる月夜は、かわいらしい見た目通りの最年少の天下五剣のメンバーで鋭い聴覚が特徴だという。普段は寡黙な分、しゃべり始めると饒舌になるキャラクターとのことで、日岡さんはアフレコでしばしば難しい長セリフに苦労したそうだ。

 引き続き、今回イベントに駆けつけることができなかったキャストの演じるキャラクターの紹介も。

 残りの天下五剣のメンバーの一人で、北原沙弥香さん演じる西洋剣術の使い手・亀鶴城メアリや、同じく天下五剣のメンバーの一人、西田望見さん演じる眠目さとりが紹介されると、石上プロデューサーからは天下五剣にそれぞれ剣術が違うことに注目してほしいと本作の見所も紹介された。さらに、天下五剣とは別に「女帝」と呼ばれる松井恵理子さん演じる天羽斬々が紹介。雰囲気が他のキャラクターとは違う斬々がどのようなキャラクターなのか、放送を楽しみにしたい。

 本作のアフレコは順調に進んでいるとのことで、アフレコの雰囲気について、畠中さんは女性キャストに囲まれる現場は初だったそうで、最初のアフレコでは非常に緊張していたそう。キャラクター紹介の途中にも、畠中さんがイベント前に緊張していたということを高田さんが暴露するといったやり取りも見られ、そんな畠中さんを迎え入れようと客席からは暖かい拍手が起こる一幕も。

 アフレコでもこうして高田さんが畠中さんとの絡みで現場の空気を明るくしているのだという。増子寺を演じる太田哲治さんといった男性キャストもいるのだが、矯正された男子の役を演じていることや、太田さん自身の女子力の高さも相まって真の意味での男性キャストは畠中さんだけになってしまっているようだ。

 そんな和やかな雰囲気のなか、イベントはゲームコーナーへ。天下五剣を演じる女性キャスト陣が納村を演じる畠中さんを矯正するという趣旨で、女性キャストの振り下ろすビニール製の剣を畠中さんに真剣白刃取りしてもらうという対決だ。畠中さんは女性キャスト陣のファンに気を使いながらも「ご褒美」と喜んでいるのではという疑惑も噴出した。

 トップバッターとして矯正に挑むのは高田さん。すると畠中さんは「お風呂場から裸でお父さんが出てきたとき」の勢いでと、シチュエーションの指定が。お父さんのバカ! という叫びとともに振り下ろされた剣は畠中さんを掠める。白刃取りできなかった畠中さんのチャレンジ失敗だ。

 畠中さんから「結婚を認めてくれない父親」とシチュエーションの指定を受けた日高さんは、畠中さんの指定するお父さんシリーズに困惑しながらも剣を振り下ろし、畠中さんに直撃。

 そして天下五剣側の流れを受け、日岡さんが剣を振り下ろすと、これもまた直撃。ゲームに負けてしまった畠中さんは、告知コーナーの間、罰ゲームとして矯正されてしまった「オネエ言葉」で告知を読み上げることに。男性ファンが多い会場ではあったが、畠中さんのかわいらしい声には黄色い声援が上がっていた。

 放送情報やパッケージ情報、音楽情報などが続々と読み上げられると、ラジオ番組についての情報が。高田さん、北原さん、西田さんがパーソナリティーを務めるラジオ『武装少女マキャヴェリズム すくすく矯正するらじお!』では、なんとプロデューサーは畠中さんが務めるという。何故かアーティスト写真風の写真がスクリーンに映し出されると、女性陣から「キャラ濃すぎじゃない?」といったコメントが続出し、畠中さんもたじたじに。

 どのようなラジオになっているのか、初回の放送を楽しみにしよう。

 さらに、本作のテーマにもなっている古武術を高田さんと松井さんが実際に体験するという動画「高田憂希と松井恵理子の古武道体験」の制作が決定。動画は5月頃から公式サイトで公開されていくほか、フルバージョンがパッケージの毎巻特典になるという。

 イベントもいよいよ終演に近づき、キャスト陣からお別れの挨拶。放送に向けて熱いアフレコが着々と進んでいることを報告、またこれからはじまるアニメを楽しんでほしいと語り、イベントは終了となった。

<『武装少女マキャヴェリズム』作品概要>
自由を愛する高校生・納村不道が転校してきた愛地共生学園では、護身の名目で武装した女子達による無慈悲な男子支配が行われていた!
男子は女子との「共生」の名のもとに、男を捨てて生活することを「強制」される。
納村は転校早々、学園を統率する「天下五剣」の一人で「鹿島神傳直心影流」の使い手・鬼瓦輪に目を付けられ、新たな「矯正」対象として勝負を挑まれることになるのだが…。
武装少女達に「無手」で抗い、自由を求める納村不道の運命は!?

『武装少女マキャヴェリズム』公式サイト
http://machiavellism-anime.jp/

(C)2017 黒神遊夜・神崎かるな / KADOKAWA / 「武装少女マキャヴェリズム」製作委員会



PAGETOP