超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

10月5日より配信スタート! タテアニメ「くるねこ」もんさん役:悠木碧インタビュー

2017/8/30


%e6%82%a0%e6%9c%a8%e7%a2%a7%ef%bc%88%e5%ae%a3%e6%9d%90%ef%bc%89

 拾った猫を育てつつ、里親探しをする様子を描いたブログ発のコミックエッセイ「くるねこ」。累計200万部を突破した単行本のほか、ファンブックやグッズ、TVアニメと展開する本作が10月5日からスマホ視聴に合わせた縦型アニメ配信アプリ「タテアニメ」で配信が開始される。超!アニメディアでは4回にわたって、本作のキャストインタビューを掲載。第2回目は、落ち着いた佇まいで静かに独特のオーラを放つ無敵の姐さん猫・もんさんを演じる悠木碧に、作品の魅力、溢れ出す猫愛を語ってもらった。

ーーもんさんは、他の猫を圧倒する独特の空気感を持った猫。演じるにあたって意識した点を教えてください。
 「美輪明宏さんのようなイメージで」というのがあったので、まず最初に美輪さんのボイスを聞きました。いろいろ試してみて、もったりした、登場する猫たちのの中で一番どっしりしているキャラクターなんですが、ギャグのテンポ感だけはちゃんと出そうと思って、他の皆さんのテンポも意識しながら演じました。この作品は、いわゆる「ニャー」いう猫らしい演じ方ではなくて、猫を人格ならぬ猫格として扱っているんです。「猫は動物じゃないんだよ、人だよ」っていうのが分かる人じゃないとできないことだと思うので、今回猫好きのみんなでやれてよかったです。

ーー実際に収録してみていかがでしたか?
 私は多頭飼いをしたことがないので、多頭飼いしたときのにぎやかさ、みたいなものがみんなと一緒にやることで分かりました。たとえばもんさんだと、ベランダで「超楽しいー」って出て行くのを、ぽっちゃんが「え?」って見てたりとか。みんなでかけあってみて、こんなににぎやかなんだと楽しくなりました。収録の合間は、みんなで「こういう猫いますよねー」って話で盛り上がったり。「うちの猫はこんな感じですよ」っていっぱい話しました。ウチの猫は薬を飲ませるとき、家族総動員でとりかからないといけないくらい大変なんですけど、今井(麻美)さんちの猫は「はい」ってするとパクっと飲んでくれたりするらしくて。そんな猫談義がすごく楽しかったです。

ーーちなみに一匹推し猫を挙げるとしたら?
 演じているともんさんがかわいくなっちゃいますけど、胡坊ちゃんかなぁ。全然話を聞いてない感じがかわいい。でもぼんちゃん(カラスぼん)のわんぱくなところも好き。みんなかわいいです!

ーー今回、オーディションは、猫好きの人というのが応募条件だったそうですね。
 そうなんです。こんなに自分好きなことが活かせるときがくるなんて、とてもうれしかったですね。もともと芦名(みのる)監督とは「幼女戦記」というアニメでご一緒させていただいていて、監督は獣医さんもされているので、いろいろ猫の相談をしていたので、猫好きなんだってことはそのときに知られていたんだと思います。自分のCDのジャケット写真の撮影現場に飼っている猫を連れていって、一緒に撮影に参加させたりするくらい好きなので、その熱意は伝わったんじゃないかなと(笑)。

ーー飼われている猫との生活の中でくるねこっぽいエピソードはありますか?
 最近食虫植物を買ったんですけど、猫がひっくり返したり、食べたりしたら危ないから、天井から吊るして、猫の手の届かないところに置いているんです。ウチの子はマンチカンっていう足が短い猫なので、ジャンプしても絶対届かないんですけど、ずーっと下から狙ってて。ジャンプしては落ち、っていうのを繰り返しています(笑)。あと、座っている席で家族を覚えているらしくて、この前私が父の席でゲームをやっていたら、ヒザの上に座ってから私の顔を見て「あれ?」って顔をしたり(笑)。「お父さんじゃ…ない?」みたいな感じになってて、すごくかわいかったです。今回登場する猫の中だったら、ぼんちゃん(カラスぼん)に似てるかな。とにかくわんぱくなので。ただぼんちゃんほど身体能力が高くない(笑)。ぼんちゃんみたいになにかやらかしちゃった後で、「やっちゃった」って実感がないところは似てるなって思います(笑)。

ーー最後にずばり本作の魅力をアピールするとしたら?
 何でも合わせてくれる相手もいいと思うんですけど、こっちが合わせたくなっちゃうほどの相手って本当の愛情だと思うんです。猫を飼うのって大変なこともたくさんあるけど、そこも愛おしいと思えるようになるというか。本当に猫を飼っていたら絶対に「あるある!」と思うことしかつまっていない作品だと思います。普通なら自分ちの猫しか見る機会ってほとんどないと思うんですけど、この作品を見ることで共感できることもあれば「他の家の猫ってこんななの?」と、ビックリすることもあって、より自分の家の猫の個性を感じることもできて、より幸せな猫ライフを送れるんじゃないかと思うので、楽しみにしていてください。

%e3%82%82%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_01

%e3%82%82%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_02

%e3%82%82%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_03

※記事中の場面写真は制作中のものです。

<タテアニメ情報>  
・価格 無料(アプリ内課金有)  
・プラットフォーム 推奨 iOS バージョン iOS9.0 以上  
※iPhone5 以上、iPad 第 3 世代以上、iPad mini2 以上  
・推奨 Android バージョン Android OS 4.4 以上

<タテアニメ『くるねこ』情報> 
【配信開始予定日】
2017年10月5日

【キャスト】
くるさん:今井麻美
もんさん:悠木 碧
ぽっちゃん:井口裕香
ぼん:高垣彩陽
トメ ちゃ:諏訪彩花
胡ぼんくん:藤井ゆきよ
ナレーション:笠間 淳

【スタッフ】
原作:くるねこ大和『くるねこ』(KADOKAWA)
プロデューサー:大塚裕司、横山 稔
作画監督:ぼんで
キャラクターデザイン:ぼんで、たけはらみのる
音響監督:郷文裕貴
音楽制作:片山修志(Team-MAX)
監督:芦名みのる
アニメーション制作:スタジオぷYUKAI
製作:タテアニメ

タテアニメ公式サイト  
https://www.tateanime.com/

(c)くるねこ大和/KADOKAWA/メディクリエ/タテアニメ



この記事のキーワード

声優になりたい!

PAGETOP